ちえみママです

欲しいものが年齢と共に変わっていく。

みなさんは何が欲しいですか?

服ですか?化粧品ですか?

私は年を重ねるにつれて、数よりも質。物よりも旅行に行きたいと思うようになってきました。

家にある沢山の物が邪魔に思えてきます。

子どもがいるとなかなか片付きませんよね。

子どもも遊ぶおもちゃが変わってきますので、あげたり捨てたりで、

年齢にあった物を買ったり残したりしています。

私の服もどんどん、増えていくので、数を決めて増えないようにと工夫と流行りものは2年くらい着たら捨てるルールを作っています。

それから、小さなハンカチって意外と貯まります。これも1人5枚と決めたらスッキリしました。

他にも捨てられそうなのがたくさんありますが、捨てたあと後悔してまた買い直すこともあります。

ただ捨てることの罪悪感より、使わないものをしまって開かずの押し入れに家賃を払っているかと考えたたらいかに無駄なことか気がつきました。

ただそのように至るまでは、私も色々消耗しましたし、若い時の買い物って、ものの良さを知るのにすごく大切な事です。

使って見ないとわからない事がたくさんあるので、どんどん使って物の良さを理解してから

是非、断捨離や、押し入れ整理をして行きたいと思います。

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。増補版 (ちくま文庫 さー48-1) [ 佐々木 典士 ]楽天で購入

2010年生まれの男の子の母です。 陶芸、カフェ、健康食品、大手金融機関を経て子育ての合間にブログを執筆しています。 子が3歳の時に離婚。 子と知識と思い出を共有して日々楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です