アンチエイジングや美肌 体のこと病気のこと

人間ってなにで出来ている?

みなさんこんにちはちえみママです。


人間って何でかたち作られているか知っていますか?


人体を作る元素は全部で44種類

人間の約65%が酸素。約10%の水素で出来ています。


え?!人間って気体なの?!

と、驚いてしまったのですが


体のおよそ60%が水分でできているため、化学反応で水になっているわけですね。

女性を運ぶ赤ちゃん



炭素18%

タンパク質や脂肪などです。ふだん食べている野菜や肉などですね。

ちなみにDNAも炭素からできています。

ここまでで3種類の元素がでてきましたね。

残りの7%を見て行きましょう。残りの41種類が7%になるわけです。

人間って意外と単純な成分なのだなと感じてしまいました。

窒素

カルシウム

リン

硫黄

カリウム

ナトリウム

塩素

マグネシウム

フッ素

ケイ素

亜鉛

ストロンチウム

ルビジウム

マンガン

アルミニウム

カドミウム

スズ

バリウム

水銀

セレン

ヨウ素

モリブデン

ニッケル

ホウ素

クロム

ヒ素

コバルト

バナジウム

これで全てです。

人間の心はどうやってできているのでしょうね。

脳からの命令を体に伝えるときは、カリウムが働いています。

永遠の命、不老不死を考えている方もいるかもしれません。

肉体を永久に使うことは難しそうですが、心が保存できたのなら

肉体をアンドロイド化、心を電子化して永久機関も可能なのではないでしょうか。

クローンは命を人が操作しているイメージですが、

機械の生命体、まさにニーアオートマタの世界が間近にきているのかもしれません。

女の子, 子, テディー ・ ベア, プラシ天のおもちゃ, 柔らかいおもちゃ, テディ, ぬいぐるみ

早坂ちえみ

2010年生まれの男の子の母です。
陶芸、カフェ、健康食品、金融機関を経て、子育ての合間にブログを執筆しています。
子が3歳の時にシンママとして活動。
知識と思い出を共有して日々楽しんでいます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。