子育て

8歳で歯の矯正を開始しました。

小学校2年生の3学期くらいから、息子の乳歯が抜け始めました。

早い子だと小学校1年生くらいから、抜けてる子もいたのですが、我が子は少し遅いくらいです。

下の乳歯4本と上の乳歯2本抜けた辺りで、我が子が歯並びを気にし始めました。

私自身も、歯の矯正をした一人です。22歳の時にしたのですが、治療期間2年、総額で70万くらいかかりました。

その後もリテーナーという透明なマウスピースを夜に付けて歯並びが再び悪くならないように、今でも時々寝る前に付けています。

歯に、コンプレックスを持っていたので、子どもに同じ思いをして欲しくないと思い、歯医者さんに相談しに行きました。

治療の内容としては、よくあるブリッジを付ける治療もありますが、選んだ歯医者さんは、歯のラインを広げる治療から始まりました。

矯正のイメージって恐らくこんなイメージだと思います。

この装置を使って歯のUラインを広げます。そして歯のスペースを確保する治療です。

見積もりは装置代が20万(プレート、リンガルアーチ、矯正装置含む)治療期間2年は見て欲しいとのことで、月1回の調性料が1回に付き5000円です。

つまり、2年で20万+5000円×24カ月=32万はかかると見立てていただければいいと思います。

この辺の費用は私が10年前に利用した他のクリニックと大体一緒でしたので、相場なのかなと思います。

この装置は終了まで外れない装置ではなくて、前歯の裏にネジがあるのですが、寝る前に付けてネジをひねるだけで良いそうです。8時間以上付けることで、効果がでやすいみたいですね。

装置代は子どもの時にした方が安いです。

大人になると60~100万とか装置が高額になることが多いです。

費用は全国、各クリニック、一律ではないので、今後のお子様の治療の目安や参考にして頂けたら幸いです。

2010年生まれの男の子の母です。 陶芸、飲食店、健康食品、大手金融機関を経て子育ての合間にブログを執筆しています。 子が3歳の時に離婚。 子と知識と思い出を共有して日々楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です