色のチカラ

紫色の魅力とパワー

紫色は勘を鋭くさせ、想像力を豊かにします。なぜならインスピレーションを司る色だからです。

そのため、芸術家が好んで身につける色になります。

紫色は人を落ち着かせる効果もあるので、ひらめきや想像を誘発させてくれるのです。

紫色を好む人の心理と特徴。
紫は、古くから日本やヨーロッパなど各地で王位にある者や身分の高い人物が身に着けてきた色です。


スピリチュアルなメッセージ性があり、精神に働きかける色でもあります。
紫色を好む人は、心理的に高貴さや優雅さを求めている傾向があり、すべてにおいて美しさを重視した性格の方が多いはず。


自分に誇りを持ち、気高い目標や夢を持っていることでしょう。


また、紫は赤と青の混ざった色であることから、落ち着きと同時に変化の時を象徴する色でもあります。


紫好きの人は、常に自分の環境や状態を好転させるために努力をしていたり、柔軟に対応する能力を持っていることでしょう。


自分の魅力を理解し、十分に発揮させることのできる人です。

紫色を身に着けると気品高く知的な印象を与え、自身の個性を際立たせてくれます。
紫色の持つパワーは強いので先輩後輩の関係など協調性が必要な状況には向いていません。
そのため会社で着る服や身に着けるアクセサリーに紫色は使うのは控えましょう。
紫色は身に着けている本人が想像している以上の強い印象を相手側に与えていることを意識して、ワンポイントなどで紫色を使用するといいでしょう。

オーラが紫の人は、特別な才能を持っている人が多く、一見冷静でしっかり者に見えますが、誰もが出来るようなことができなかったり、簡単なことをミスしてしまったり、というような面も持っています。

自分の才能のあることを行っている時は、誰も近づいてほしくはありません。その空気感を恋愛の相手にも言葉でなく、テレパシーのようなものでわかってほしいという感覚があります。

恋愛相手にベストなタイミングで動いてほしい感情を過度に持たないように注意しましょう。

オーラが紫の人の恋愛相手は、そっとしておいてほしい時と欠点をカバーしてほしいというような独自の感性を持っていることを理解してくれる、気長で、柔軟性を持っている大らかな人が理想的です。

早坂ちえみ

2010年生まれの男の子の母です。
陶芸、カフェ、健康食品、金融機関を経て、子育ての合間にブログを執筆しています。
子が3歳の時にシンママとして活動。
知識と思い出を共有して日々楽しんでいます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。